福寿草

早春の山野草を代表する雪割草 実生交配により進化し続けています。 

ゆきわりそう・・・・・・・・・・・・・
雪解けとともに花開く早春の山野草。
近代園芸としての雪割草は昭和から平成にかけて全盛となり今日に至っている。
稀少な品種を山から見つけ出すことから始まり現在は実生交配によりさらなる進化を遂げている。

ショップで販売しています。 ⇒ ここをクリック

園芸『雪割草』について・・・ Anemone hepatica
学術的には「ユキワリソウ」とは亜高山に咲く可憐なサクラソウ科の一種(Primula
modesta)を差します。「雪割草」は園芸的名称でキンポウゲ科のミスミソウ、オオミスミソウ、スハマソウなどの総称です。主に新潟県など雪の降る裏日本を中心に全国に分布しています。この仲間は日本ばかりでなく広く北半球に分布域があります。

ツワブキの種類としては基本種の他琉球諸島に分布する小型なリュウキュウツワブキがあり、主に渓流地域に自生する。