ツワブキ
カタログ 3 斑物
ツワブキの斑入は蛍や浮船が古くより流通していますが古典草木の割に品種数がありませんでした。近年優れた新しい品種も現れているようです。
在庫の許す範囲で柄の良い物から販売致します。

画像お待ち下さい。

    名称について 
近年新しい名称のツワブキが市場からカラーラベルなど付けて出回っています。古い品種の選別品だったり古い銘品そのものだったりで全く無秩序です。折角の新しい品種が名称混乱の中に埋もれてしまわないことを祈ります。優良銘柄品は当園でも少し導入しますが見極めが完全には出来ない部門であることをご承知置き下さい。
ご注文は在庫表からお願い致します。


ツワブキを代表する斑芸。これを珍重したため新しい斑芸の発掘が遅れたのかもしれない。

 

浮船

雪白の蹴込覆輪を現す。普及品種。

 
 
深雪錦

白散斑縞。千葉県産。寒さにあたると白斑に紅が載る。
上記画像のようにすべての葉に揃って斑の入る品物は少ないです。当園命名売り出し品種。
 

金冠

黄白覆輪。夏葉には覆輪があらわれません。販売品に覆輪が現れていない場合もございます。

 
   
亀丸

亀甲斑。

 
養老

萌黄斑後暗み。


  
春霞

白総散斑後暗み。


 
雷光

黄中斑縞。出現率がやや悪いので少し高価です。販売品は画像よりやや劣る品物になると思います。
  

開門

白散斑縞なれど後暗み。収集家には比較的古い品種ですが最近いろいろな名称で市場に出ているようです。