珍種・稀少種のご紹介
ウラシマソウ花変わりの名称に関して
桃太郎は当園命名品として問題ない状況ですが新たに無銘として入手栽培している品種につきましてはすでに名称があるものもあるかもしれませんが微妙な色合いのため同定は難しく独自の命名による扱いとさせて頂きます。仮銘品とお考えの上、品名云々は画像でのご判断をお願い致します。
ウラシマソウカタログとして10種類くらいを揃えられればよいのですがそれにはまだ数年かかりそうです。
無銘赤花の優良品種を2点愛好家の方に譲って頂きました。左リンク欄よりご覧下さい。
imfo
栽培中の赤花が咲きました。『京美人』としました。
休眠期特売 (12〜3月 釣り糸が出るまで)
休眠期販売は終了しております。下段成長期販売をご利用下さい。

アオノウラシマソウ
   
※ウラシマソウの素心、白花ウラシマソウとも言う。


桃太郎(素心赤花)

※素心系で仏炎苞の内側だけ赤く染めるウラシマソウの珍品。

※桃太郎は当園命名品種です。最近雑誌の特集などでも見かけるようになりました。
セット販売  @アオノウラシマソウ 1球 + 桃太郎 1球  =     
ウラシマソウは今いろいろな花変りが人気を博しているようです。品薄の個体は価格も高めです。桃太郎も実際売り出し当初は1球2万円でした。
赤軸ウラシマソウ・・・・・もともと斑入ウラシマソウとして増殖していました。青軸の斑入ウラシマソウも栽培していたため区別するため赤軸と称していました。斑が入らなくてもウラシマソウ花物が持てはやされている昨今、黒花系と言える花色だと思います。
画像クリックで斑入親画像出ます。斑抜け品を花物として販売致しますが柄上が出現することもあります。

銀葉
千葉県産のプラチナと称される品種。
画像クリックで大画像


大黒
黒花系。横に張った仏炎苞が見応えある品種。草姿もずんぐりしていてソナレタイプと言われている個体だと思います。


画像クリックで大画像

(いろどり)
赤茶花の代表品種。

竜宮
黒花系の代表品種。2012年、親木が開花しました。これからは増殖した小球でも安心して販売出来ます。増殖をお待ち下さい。
2013年、昨年に引き続き開花しました。真っ黒です。
羽衣
赤茶と言うより桃紅色と言った感じでしょうか。2012年、親木が開花しました。増殖をお待ち下さい。
※画像などで見てもどれとどれが同じ品種か区別出来ない花が多いです。これも他の名前で流通しているかも知れません。そのあたりあくまで画像でご判断下さい。
桃太郎もいろいろな名前で出ているように思います。今のようにウラシマソウ花変りが持てはやされるずっと以前から販売していましたので仕方ないことです。
京美人
2013年、始めて開花しました。京都産だそうです形も良くきれいです。赤花としても優良タイプだと思います。増殖をお待ち下さい。
珊瑚
2013年入手しました。坪取りで数タイプあるようです。青軸で釣り糸だけ黒い品種です。
銀葉系姫ウラシマソウ
プラチナほどではありませんが銀葉系です。
テンナンショウのご紹介

桃色テンナンショウ 
Arisaema candidissimum アリサエマ キャンディディシマム
中国原産。白から桃色の美種。
開花見込み株  ¥  発芽開花は6月です。    
*************上記休眠期販売終了後は以下ご利用下さい。4〜5月***************
ウラシマソウの成長期販売品(4〜5月)
ショップで販売致します。
アオノウラシマソウ
ウラシマソウ桃太郎
黒軸ウラシマソウ
銀葉ウラシマソウ
銀葉系ヒメウラシマソウ
 ウラシマソウ斑入は斑入植物一点物のページでご覧下さい。
ムサシアブミ2点/番外編
 多頭龍・・・・・画像の株はまだ小さいので本芸していません。
画像クリックで本芸品画像
 ムサシアブミ素心
増殖品はショップにて販売します。⇒ ショップ
ウラシマソウをご紹介致します。