東邦植物園  群馬県みどり市笠懸町鹿2708-3   TEL..0277-76-8313         


      3号ロングポリポット仕立て  1ポット ¥400  品種混合10ポット ¥3500 (品種指定可)
      ※10ポット以上は1ポット@350円で追加可能 (15%割引き)   ・・・・税別
      

       増土しやすいように3号のロングポットに植えています。縦長で転びやすいので工夫して管理して下さい。
       水はけ良い用土ですので上部がなくなってからの水くれもしっかりして下さい。またアグアンプKが適量
       混入してありますので全く追肥しなくても充分育ちます。
       出芽してから特に花時期の植え替えは順調な生育を妨げます。当園の植え込みポット苗は根の生育も
       他店のものと違いすこぶる良好です。
       当園の植え込み状態で1年栽培して植え替えは次期休眠期にして頂ければと思います。
       4月には店頭に並べますがいくつかの品種はそれ以前に通販で販売済みになります。
   
   
販売可能品種には 販売品の数量が少ないものに 売り切れの品種に×印を付けます。
   売り切れ表示は出来るだけ速やかに付ける努力致しますが、店頭販売などで遅れる場合もございます。
   印のない品種は今期販売のない増殖中の品種とお考え下さい。(あるいは絶種中)
   在庫確認の上ご注文下さい。電話では在庫即答出来ない場合がありますので在庫のお問い合わせはFAXか
   メールが良いです。代替え品種がございましたらお書き添え下さい。
   
印の品種はお一人様1ポットでお願い致します。
   開花間際あるいは開花販売中段階的に販売品追加記入する場合もあります。
   購入適期は植え込みの完了する1月下旬から4月下旬までです。
   
   ※毎年補充仕入れしていましたが他所から入手すると品種違いが多々ありますので100%自家増殖苗だけの販売に
    切り替えました。
    また手持ち以外の品種を導入しようとしても品種違いが多くてなかなかうまくいきません。たくさん栽培している愛好家
    の方はどうしてもラベル違いが出てしまうようです。絵ラベルで販売されているような株も結構間違いがあります。
   ※絞り咲きの品種は絞りにならない花が咲く場合がありますが品種の特性ですのでご了解下さい。
   ※「桜草画像」にない品種につきましてはお手元の資料で御参照下さい。
    参考資料としては鳥居恒夫著「桜草」(学習研究社)¥1500 または「さくらそう会」のサイトがお勧めです。
   
※花期前の発送で万が一、品種違い等ありましたらその分ご返金にてご容赦下さい。
   桜草収集について
      名前だけで収集すると名前が違っても同一品種を入手してしまう場合が多々あります。ご注意を。
      たとえば「松の雪」と「青柳染」が同一品種であったりします。当然青柳染は当園では扱いません。
                        
品種おまかせセット  初心者の方いかがでしょうか
品種当園見計らいセット販売 
12種12株 ¥3600
(1株単価300円)
24種24株 ¥7200(1株単価300円)
※12種12株を時間をあけてご注文頂きましても先の分と品種違いに出来ない場合があります。
※在庫の多い品種からセット致します。在庫の多い品種は丈夫で増えの良い品種と言えます。
※花色など出来るだけバラエティーに選びますのでご利用下さい。
★まだ手持ち品種がなく、ある程度品種を揃えようと考えている方は取りあえずセットを利用して、手に入らなかった品種は後に品種指定でご注文をするのがお得と思います。
      
   ※以下鳥居恒夫著「桜草」を頼りに品種確定いたします。100%の確定は不可能なのが現状ですので不確かな品種や
   紛らわしい品種は出来るだけ扱わない方針です。
           
   ※寒い地方の方は出来るだけ出芽前、早めにお買い上げ下さい。当地でも3月芽が出てからも凍結しますが、芽が出て
   から1ヶ月前の冬に逆戻りでは少しかわいそうです。その地方に合わせた条件下で出芽するのが良いと思います。
   ※新たに導入している品種もありますが販売出来るようになるには少し時間がかかります。販売可能になりましたら
   順次追加していきます。      



         
在庫及び価格などショップからご覧下さい。以前同様FAXや電話でもご注文お受け致します。
           ショップ
青海原 アオウナバラ 光輝殿 コウキデン 錦灘 ニシキナダ
青葉の笛 アオバノフエ 紅天鳴鶴 コウテンメイカク 濡燕 ヌレツバメ
赤蜻蛉 アカトンボ 心意気 ココロイキ 白鷹 ハクタカ
秋の装 アキノヨソオイ 小桜源氏 コザクラゲンジ 白蝶の契 ハクチョウノチギリ
明烏 アケガラス 寿 コトブキ 初日野 ハツヒノ
朝日 アサヒ 駒止 コマドメ 花筐 ハナガタミ
朝日潟 アサヒガタ 桜川 サクラガワ 花車 ハナグルマ
旭の袂 アサヒノタモト 酒野谷 サケノヤ 晩春 バンシュン
旭の匂 アサヒノニオイ 紫雲竜 シウンリュウ 日暮 ヒグラシ
天晴 アッパレ 紫雲の重 シウンノカサネ 菱袴 ヒシバカマ
天が下 アマガシタ 紫光梅 シコウバイ 美女の舞 ビジョノマイ
有明 アリアケ 七賢人 シチケンジン 緋の司 ヒノツカサ
勇獅子 イサミジシ 児童 ジドウ 緋の袴 ヒノハカマ
漁火 イサリビ 絞竜田 シボリタツタ 吹上桜 フキアゲザクラ
入野の都 イルノノミヤコ 蛇の目傘 ジャノメガサ 藤の里 フジノサト
岩木山 イワキサン 石橋 シャッキョウ 二重鶴 フタエヅル
岩戸神楽 イワトカグラ 十二単 ジュウニイトエ 無礼講(赤) ブレイコウ
浮かれ獅子 ウカレジシ 酒中の玉 シュチュウノタマ 紅麒麟 ベニキリン
宇治の都 ウジノミヤコ 上絞 ジョウシボリ 北斗星 ホクトセイ
酒宴の床 ウタゲノトコ 白滝 シラタキ 松の位 マツノクライ
宇宙 ウチュウ 白鷲 シラワシ 松の雪 マツノユキ
雨中の桜 ウチュウノサクラ 白兎 シロウサギ 真鶴 マナヅル
梅が枝 ウメガエ 白蜻蛉 シロトンボ 三田自慢 ミタジマン
駅路の鈴 エキロノスズ 蜃気楼 シンキロウ 三保の古事 ミホノコジ
落葉衣 オチバゴロモ 神代冠 ジンダイカン 妙智力 ミョウチリキ
鏡帛 カガミカケ 真如の月 シンニョノツキ 紫鑼 ムラサキカガリ
隠れ蓑 カクレミノ 鈴の音 スズノネ 紫式部 ムラサキシキブ
陽炎 カゲロウ 墨染源氏 スミゾメゲンジ 目白台 メジロダイ
風車 カザグルマ 墨田の花火 スミダノハナビ 百千鳥 モモチドリ
鹿島 カシマ 前代未聞(赤) ゼンダイミモン 百夜車 モモヨグルマ
神代の月 カミヨノツキ 雪月花 セツゲッカ 宿木 ヤドリギ
通小町 カヨイコマチ 戦勝 センショウ 夕暮 ユウグレ
甘泉殿 カンセンデン 戦友 センユウ 夕栄 ユウバエ
機嫌獅子 キゲンジシ 田島白 タジマジロ 優美の姿 ユウビノスガタ
貴妃の夢 キヒノユメ 田島紅 タジマベニ 夕陽紅 ユウヒベニ
君の宴 キミノウタゲ 玉川 タマガワ 所縁の袖 ユカリノソデ
京霞 キョウガスミ 玉孔雀 タマクジャク 瑶台の夢 ヨウダイノユメ
京鹿子 キョウカノコ 玉珊瑚 タマサンゴ 窈窕 ヨウチョウ
極光 キョッコウ 千鳥遊 チドリアソビ 楊柳の笛 ヨウリュウノフエ
玉光梅 ギョクコウバイ 月の都 ツキノミヤコ 羅生門 ラショウモン
錦鶏鳥 キンケイチョウ 手拍子 テビョウシ 緑竜 リョクリュウ
金孔雀 キンクジャク 天女 テンニョ 瑠璃殿 ルリデン
銀孔雀 ギンクジャク 桃源郷 トウゲンキョウ 笑布袋 ワライホテイ
銀世界 ギンセカイ 童子梅 ドウジバイ
銀覆輪 ギンフクリン 朱鷺の雛 トキノヒナ
金葉集 キンヨウシュウ 鳴海潟 ナルミガタ
喰裂紙 クイサキガミ 南京小桜 ナンキンコザクラ
車白 クルマジロ
∞∞∞∞∞∞∞ 以下均一価格でない品種 ∞∞∞∞∞∞∞
(10ヶ以上の割引き対象にはなります)
新規導入品種や増殖の悪い品種,、あるいは人気の高い数の少ない品種は以下価格となります。
またお一人様一つでお願い致します。

小紋、異端紅など増殖中です。
機嫌獅子 天女 紫鑼
光輝殿 花筐 紫式部
夕暮 三保の古事
秋の装
新里産野生種 4号ポット3株入り  
※群馬県桐生市新里産です。赤城山東南麓になります。昔斑入り種として採取されましたが斑の出現率が悪く一般品種として販売致します。もともと花で選別採取されたわけではありませんから極々標準的な花です。お庭に可憐で野性味のある原種さくらそうを植えたい方はどうぞご利用ください。増殖の過程で斑が現れることもあります。 
開花画像はこちらから     斑入画像はこちらから
★毎年数量の確保が出来ない品種につきましては根伏繁殖をすることにしました。根伏からですと時間がかかりますが気長にお付き合い下さい。品種の充実に努力致します。
1月下旬 植え込みを終えて春を待つ桜草の様子です。凍結で株が持ち上がらないようにかぶせてある腐葉土も3月に入ると取り除きます。ここをクリック→冬の桜草(一部)
3月中旬 芽も出そろってきた様子です。→ 出芽した桜草(一部)
 
画像は4月20日、5〜6分咲きと言ったところでしょうか。
開花期は通信販売などで品切れ品種なども多くなりますが店頭販売もしております。近くにおいでの際にはお立ち寄り下さい。

4月28日店頭売り場のさくらそうも品種株数ともに1週間で半分くらいになりましたがさくらそうの美しさを再認識と言った状況です。隙間が目立たないように横から撮影しました。
栽培に関して
植え替えは冬場に行います。12〜2月。当園の用土は硬質鹿沼土と赤玉土の混合土です。ネコブセンチュウ駆除のための薬剤を混入します。凍結によって株が持ち上がらないように腐葉土を乗せておきます。植え込みの際マグアンプKを少量混入しますが、何も入れず花後に置肥する方もいます。葉がなくなる夏場に乾きすぎと暑さから株を守り良好な花芽を作るために増土をします。日本桜草はもともと湿潤な土地に自生し表土近くに冬至芽を作りたがるためこの点特に大事です。冬から開花期までは陽当たりの良いところに置きますが葉のなくなる夏場は遮光下に置くのも良いでしょう。
増土について・・・・・・あくまで冬至芽を順調に作るためのものですので初めから深植えにしても効果的ではありません。
梅雨明けくらいまでにかければよいと思います。また植え替えの時は増土出来るように苗を植え付けるようにしておきます。
3号ロングポットと鹿沼土を使うわけ
当園では8つスリット穴のロングポットに植え込んでおります。普通の3号ポット植えよりコスト高です。用土も硬質鹿沼土が多目の良質のものを使用していますのでたいへん水はけが良く根腐れしません。水はけが良いといっても赤玉中心の植え込み品より保水性もありますので乾きの良い時期でも一日一度の灌水で充分です。また赤玉と腐葉土、もしくは細かい園芸用土などで植え付けてあるものより太くしっかりした根が下ります。この点からも近年の異常な高温の夏でも問題なく育っているのだと思います。植土上部が2〜3cm余裕がありますので桜草栽培で一番大事な増土がしやすくなっています。肥料分も適度に混入してありますので1年間追肥も必要ありません。こんな具合から1年当園の植え込みで植え替えずに栽培をして頂きますようお願いしている訳です。
植え込み中に思うこと
品種によって芽の形や大きさなど色々です。根の様子も大夫違います。丸い芽が出来るもの、大きな長い芽の出来るもの、これで咲くのかなあと心配するような小振りの芽がたくさん出来るものなどがあります。また増えの悪い品種は脇芽を持ちません。元気が良いのに一芽だけです。これでは根伏をしてもまたすぐになくなってしまいます。そのような品種は毎年でなくとも飽きずに根伏をしておくしかありません。
ネコブセンチュウ駆除の薬剤を混入していますが量が足らないのかセンチュウの瘤が付いている株も結構あります。薬害がでる時は全体的に出てしまう恐れがありますので完全に除去出来なくても抑えられていれば良いかなと思っています。

画像は親ポットから堀り上げ水洗いしたさくらそうの苗です。この中から大きな開花芽だけ販売用のポットに植え込みます。当園さくらそうはすべて一芽植えです。他店の販売品は2〜3芽ある場合があるようですがなぜ2〜3芽入っているかというと一芽ずつに分けられる状態ではないか芽が小さいからです。当園の育生株は根の状態が良いのでひと芽分け出来ます。ネコブセンチュウが付くと短く止まってしまう株もあります。根の状態は品種によって全く違います。画像は平均的な「寿」です。もっと根が太くて長い品種もありますし、細くてヒゲ根のような品種もあります。この様な状態になる植え込みですので植え替えをお勧めしていないわけです。
★販売品がすべて上々と言うわけではありません。芽が大きくても根茎部分が少ない場合もあります。寒い時期、凍結している中でもさくらそうはわずかずつ動いています。(成長している) 何度も植え込みを替えるのも良いことではありませんので当園の販売品はそのまま咲かせて頂きたいと考えています。

八重咲さくらそうは画像クリックして下さい。
春爛漫
日本桜草
日本桜草の販売 さくらそうの楚々とした花容は日本人ならではの感性。日本桜草は種類の豊富さも魅力の一つ。
趣味植物TOPへ
日本の美

サイトマップ

毎年同じようだと思いますのでこの画像を続けて掲載しておきます。

三保の故事
天女

ネットショップでの販売に移行しました。

ネットショップで販売しています。また3000円以下のご注文(1500円以上)にも対応しておりますのでご利用下さい。ショップはこちらから  ショップ
 メールはお問い合せのページからお願い致します。
 通販ご希望の方は必ず通販規定をお読み下さい。

販売見本

桜草画像(花便り)