福寿草は当園ネットショップで扱います。

こちらから ⇒  ネットショップ

福寿草

古典園芸草花福寿草販売 フクジュソウの品種は江戸時代から受け継がれています。大切に育てたいと思います。 

福寿草の分類
キンポウゲ科の植物です。アドニス(フクジュソウ属)と言います。
近年日本のフクジュソウは4種に分類されています。

Adonis amurensis (アムレンシス) 和名 キタミフクジュソウ   
自生はシベリア東部から北海道の一部

Adonis ramosa (ラモサ) 和名 フクジュソウ(エダウチフクジュソウ)  
自生は北海道から九州

Adonis multiflora (ムレチフローラ) 和名 ミチノクフクジュソウ 
自生は中国北部・朝鮮および東北から九州の一部

Adonis shikokuensis (シコクエンシス) 和名 シコクフクジュソウ  
自生は四国・九州の一部

ふくじゅそう・・・・・・・・・・・・・
江戸時代からいくつもの品種が受け継がれてきている古典草花。
近年新しい品種も現れ趣味者の方々が収集されている。
一般的には正月の縁起物として古くより庶民に親しまれている。元日草と言われる所以である。ただしここで言う正月とは旧暦の旧正月であり歴が変わった今正月に咲かせるのは栽培の観点から言えば邪道と言える。

ツワブキの種類としては基本種の他琉球諸島に分布する小型なリュウキュウツワブキがあり、主に渓流地域に自生する。