四季の赤城山
大夫秋めいてきました。赤城山も上方から色づきはじめているようです。

当園付近から撮影した四季の赤城山をご紹介いたします。榛名山、妙義山とともに上毛三山として群馬を代表する美しい山です。上毛カルタに「裾野は長し赤城山」とあるように画像左の裾野はもっと長く伸びています。
1月冬景色の撮影をしたような日には榛名、妙義、その後に谷川連峰も見えます。また西には真っ白い浅間山が富士山のように見え、南には秩父山系が見えます。ご覧のように赤城山に雲がかかっていると強い北風が吹き荒れます。

09.9.23

霧降の滝

08.10.28

吹割の滝

久しぶりに頂上まで行きました。以下大沼の様子です。下から見たときはかなり雲がかかっていましたが幸い頂上付近では晴れ間が見えてきました。

大沼に浮かぶ小鳥が島にある赤城神社です。

下の画像は小沼です。大沼と違い全く自然のままです。大沼と小沼の間に湿原植物の見られる覚満淵がありますが小沼湖畔でもいろいろな湿性植物が見られましたので覚満淵散策は次回にしました。

栃木県日光市。日光三名瀑のひとつ。落差75mm。観瀑台からの遠景で少し霧で煙っています。訪れたのは9月下旬ですが、紅葉シーズンの艶やかな光景が目に浮かびます。滝壺近くまで下りてみたいですがかなり谷が深く帰りの登りがたいへんそうです。

2008.11.20
2008.10.28

朝日を浴びた紅葉の赤城山を近影で撮る機会がありました。

2008.10.18
春は霞でなかなか遠景が撮れません。夕方ですがめずらしく鮮明に赤城が見えています。肉眼では裾の方から緑が押し上げ7〜8分目くらいまで新緑なのがよく見えます。もう少し近場に行かないとそのあたりは映らないようです。

2008.5.25

2008.2.16

2008.1.24

2009.8.12

赤城山大沼と小沼
番外ですが滝はいかがでしょうか

群馬県沼田市。東洋のナイヤガラと称されているそうです。左画像滝の近くに人影が見えるでしょうか。右画像のあたりまで近づけます。

榛名山

浅間山

頂上付近が少し白くなりました。

赤城の西方(左手)に榛名山と浅間山がはっきり見えました。山並みがきれいに見える日は特に寒いです。